インドネシア保険部長官、id病院を訪問し事業提案
“優秀な医療技術およびサービス感嘆…インドネシア事業拡大に期待”

medipanaニュース 2021-05-27

[メディファナニュース=パク・ミヌク記者]id病院がインドネシア政府と医療事業協力関係を論議し、ビューティーメディカル事業提案を受けた。

今回のインドネシア政府の提案はブディ グナディ サディキン保険福祉部長官(Budi Gunadi Sadikin)が直接参加したという点で今後拡張性が大きくなることと
期待される。インドネシア政府のid病院訪問はインドネシア政府サイドの医者が反映された結果だ。

ブディ グナディ サディキン保険福祉部長官など長官団はヤン・ソンイル保険福祉部第1次官をはじめジョン・イソン 現代自動車グループ会長、キム・ジョンヒョン LGエナジーソリューション社長 ミーテイング、大熊製薬R&Dセンター、ゼネキシン本社訪問など新事業動力およびコロナワクチン関連政財界に挨拶をし幅広く出向き続けている。病院内ではid病院と選択し戦略的な提携のためのミーテイングを進行した。

27日id病院によると先日の26日インドネシア政府の本院訪問は協力関係論議、病院の施術視察など優秀なid病院の医療技術を確認に合わせた。特にid病院は整形外科、皮膚科、歯科など美容整形手術と施術分野でグローバル市場を先導しており、この部分を集中チェックした。

インドネシア保険福祉部長官ブディ グナディ サディキン保険福祉部長官など長官団はid病院ロビー、15階(ラウンジセンター)と16階(グローバルセンター)、8階(入院室)、3階(歯科)など病院ツアーを進行し優秀な医療サービスと先端施設に満足感を表した。ロビーにあるid病院歴史館では自体開発装備およびSCI級論文に搭載した内容に対し格別の関心を抱き、手術訪問などを具体的に問うなど綿密な内容を確認した。

id病院会議室ではid病院のインドネシア事業とグローバル市場での影響力、Kビューティーの人気などを傾聴しid病院の医療技術および医療サービス体系に感嘆した。

id病院は過ぎた2018年インドネシア ジャカルタとスリバヤにマスターフランチャイズ事業モデルとして現地に進出している。

id病院はid整形外科、id皮膚科、id歯科、idビューティーセンター、idプラコスメティックス(化粧品)など国内美容技術を世界化しグローバル市場を先導する病院級医療機関だ。インドネシアを含むタイ、日本、ベトナムなど世界各地にも皮膚科、ビューティーセンターなどマスターフランチャイズ方式で進出している。

id病院本院は整形外科、皮膚科、ビューティーセンター、歯科など多様な診療科目がある。
規模は地下2階、地上16階規模(9657.49㎡)で237名の患者を同時に収容でき、30病状以上入院室も持っている。これは国内美容病院最大級規模だ。本院には整形外科専門医、口腔外科専門医、外科専門医、麻酔痛医学科専門医など50名余の専門家が常駐している。

この日id病院を訪問したインドネシア政府のあいさつはブディ グナディ サディキン保険福祉部長官をはじめ保険福祉部次官ロナルドス ムジュル(Ronaldus Mujur)、保健部国際協力局長アンドレアノ アーウィンなどだ。

id病院ではパク・サンフンid病院 病院長を含む実務陣が参加し歓迎のあいさつおよび病院の優秀な医療技術と内容を紹介した。

ブディ グナディ サディキン保険福祉部長官は“id病院の優秀な医療陣と最先端設備、建物のデザインなどが印象深く良いあいさつを受け取った”とし、“インドネシアビューティーメディカル事業でid病院と肯定的な協力関係が成されることを期待する”と話した。

パク・サンフンid病院 病院長は“id病院に来てくださったブディ グナディ サディキン保険福祉部長官をはじめ長官団と良い時間を過ごすことができ有意義な時間だった。”とし“インドネシアビューティーメディカル事業とシナジーを出せるよう積極協調した。”と回答した。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目